「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:奈良のtabi*( 13 )
奈良のtabi* #13 *おまけ*
b0224924_21505450.jpg
和スイーツに辿りつけないまま帰路に!
・・・と思っていたら旦那、何とくるみの木に寄ってくれました♪
優しい!と思う瞬間^^;(笑)
『くるみの木』さんで私は「千果パフェ」を旦那は「キャラメルバナナパフェ」を珈琲と一緒にいただきました♪ラッキー☆旦那ちゃんthank youってな感じデス^^
そして奥の雑貨屋さん『一条店 ノワラスール』。
昨日は展示入れ替えで入れなかったのでsweetsをいただいた後ゆっくりと見させてもらいました。
入って右のところで「堀井和子さんのCrocodaile &Stationary展」が開かれていました。
堀井和子さんって、あの堀井さんだろうか???
『朝ごはんの空気を見つけにいく』という本を読んだことがあります。
こんなこともされているんだ・・・と感心。
堀井さんがデザインされたワニの玩具。
もうすでに2、3人の方が何色を買おうか悩んでいらっしゃいましたよ。
決してお安いものではありませんでしたが・・・^^;
でも保育園に通ってた頃の私の夢。「保母さんか文房具屋さん」^^;
今も変わらず文房具にはくすぐられてしまうのです。
ちょっとお高い(¥300だったかな)消しゴム購入で満足の私でした!
ちゃんちゃん。
くるみの木さんのラッピング。
下の写真に載せてみました。
白い袋に、シンプルな感じのシールが貼られ、ものによっては隅にリボンがホチキスで止められます。
シンプルだけど素敵。
それとこのジャム。バナナとキウイなんて珍しくありませんか!?
お試し購入したのですが、これがまたうまし!!!果肉たーっぷり☆
お取り寄せはできないのだろうか?

b0224924_226373.jpg

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-31 21:47 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #12 *ならまち散歩*
b0224924_21182033.jpg

奈良のtabi日記長いね~!!!
なんて飽きている人もいるかも!?と思いつつあとちょっぴりお付き合いください。
すっかり東大寺に行くことを忘れていた私たちは、また『猿沢の池』に戻りならまち散歩。
はじめに友達から「鹿男」の撮影で使ったお店でおいしいよ~!と聞いていた『まんぎょく』さんへ。
(外から見学!!!)
残念ながらここは夕方の営業のみです。

ここ奈良市中心は県庁所在地!?と思えるほど都会的な感じはなくのどかな感じ。その時代に住んでいたわけでもないのに、何故か懐かしさを感じる狭い路地に統一された長屋のような古民家風の建物が続きます。
その建物が雑貨屋さんだったり、レストランだったりカフェだったり、ふきん屋さんだったり・・・、お菓子屋さんだったり、葛のお店だったりetc。
昔の良さに現代がきれいに溶け込んでいるような不思議な場所でした。
私が知っているところだとちょっぴり飛騨の一部っぽい感じ!?
でも好きだな。こんな雰囲気。

おしゃれなカフェっぽい食事出来そうなとうころも何軒もありました。
春日大社に行く途中、観光客相手っぽいお店でカレーを食べてしまった私たち。後悔(>_<)
時間があれば1日中でも楽しめちゃいそうな雰囲気でした。
もちろん有名な『中川政七商店』さんにも行きましたよ♪
奥にcafeがあって和のスイーツをいただこうと思ったのですが、のきなみ売り切れになっていたと旦那が言ってました。人気なんだ・・・。

『ならまち』ちょっぴりはまりそう^^

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-30 18:39 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #11 *奈良公園散策 春日大社*
b0224924_16493484.jpg
興福寺を後にして『春日大社』まで歩きました。
思っていたより距離がありましたが、奈良公園は緑の木々も多いので、所々木陰を作ってくれます。
その木陰がジリジリ照りつける太陽を遮ってくれたので思ったより大変ではありませんでした。
時に修学旅行生の後につきながら(笑)向かいました。
お参りの前に鹿の像から湧き出ている水でお清めをします。
右手で柄杓を持ち左手を洗い、次は右手。
左手に水をくみ口をすすぎ、左手を洗います。
そして参拝に向かいます。
私は朱の仏閣や神社が大好きです。
何となく明るい気分になれるのです。
朱は邪気を払う色だそうです。
緑の中で一際明るくきらびやかに見えました。
巫女さんは春日大社のお印である藤の花を頭につけていて、白い着衣に朱の袴です。
参拝の後、そんな優美な巫女さんに誘われるように、久々におみくじを引いてみました。
おみくじの箱を振って逆さにして出てきた番号は「6」。
何となく嫌な予感・・・と思いきや何と大吉でした。
でも大吉は上がない!なんて言う人もいるからなぁ・・・なんて嬉しさの反面微妙な感じ。
旦那は末吉でしたが、悪いことは書いてなかったそうです!よかったね。
少し散りかけた藤棚の下におみくじを結ぶ場所があったので結ぼうとしたところ「大吉などのいいおみくじはお財布などに入れて1年持ち歩きましょう」みたいなことが書いてあって、気持ちがすーっとしました^^よかった。
早速お財布に入れて!いいことがありますように♪♪♪

さてさて春日大社も奥深い神社。
立派なHPがあったので詳しくはこちらへ → 

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-29 17:09 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #10 *奈良公園散策 猿沢の池→興福寺*
b0224924_12512812.jpg


奈良のtabi2日目は旦那(san付けやめちゃいます^^;)の希望で奈良公園内の仏閣巡りです。
予め調べておいた猿沢の池の近くに車を止めて、徒歩で観光です。
猿沢の池の周辺にはベンチでくつろぐ人、景色を眺める人、お掃除をする人、いろいろな人たちで賑わっていました。
私たちもここから五重塔を眺め、奈良公園内の興福寺へと向かいます。
『興福寺』と言えば「阿修羅像」で有名ですよね。
興福寺付近は修学旅行生の団体、おじさま、おばさまの団体で人だらけ。
人混みの苦手な私、一瞬貧血気味になりました^^;
さてこの『興福寺』は和銅3年、藤原不比等が飛鳥から前身の厩坂寺を現在の地に移建したのがはじまりで
藤原氏の氏寺として氏の隆盛とともに栄えたそうです。
奈良のシンボルとして知られる高さ51mの五重塔(国宝)や阿修羅像(国宝)が有名です。
今回は阿修羅像がある国宝館と東金堂を見学。(拝観料¥800)
阿修羅像は見る角度によって喜怒哀楽ろいろな表情を持ち、人間と同じように悩みを感じる、
人間と同じ同志だと思うという方の本を読んだことがあります。
凛とした少年の顔には確かにいろいろな感情が溢れているようにさえ思えました。
阿修羅は八部衆の像の一。
八部衆とはインドの魔物たちで釈迦の教えを受けてから仏法の守護者となったものたちだそうです。

そして『東金寺』には薬師如来像、日航菩薩、月光菩薩、12神像が。
拝観時間は 9:00~17:00(入館は30分程前までに)

歴史は苦手な私ですが行こうと決めた場所の仏像などのことを少々勉強していきました・・・、
が実際行ってみると奥深い歴史やいろいろな気持ちに心動かされ、
tabiからもどってさらに詳しく調べたりもしています。
でもやっぱり難しいですね^^;

次回は春日大社に向かいます^^

そして忘れてはいけない!鹿は神の遣いだそうですよ。
鹿はこれからが出産ラッシュのようです。
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-28 13:13 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #9 *秋篠寺*
b0224924_9515869.jpg

奈良のtabi2日目。
秋篠の森を後にして向かったのは車で5分ほどの『秋篠寺』。
狭い道をぐんぐん進みます。
この狭い道を車やバス、人や自転車が行きかいます。
警備員さんというか誘導員さんが何人か角に立たれていました。
『秋篠寺』に到着~♪
まだ朝早いからか観光客や人の姿はほとんどありませんでした。

門をくぐりマイナスイオンたっぷりの緑のお庭を抜けて、拝観料を支払い本堂へ。
本堂の中は薄暗く少しひんやりした感じでろうそくが灯されていました。
かすかにお香の匂いを感じた気がしました。

秋篠寺のご本尊は薬師如来坐像、両側に日光、月光の両菩薩像。
そして端にいらっしゃいます伎藝天さま。

毎年我が家では節分過ぎに神社で家内安全のお祓いをしていただくのですが、そのときに神主さんが、”仏像は角度によって優しい顔に見えたり、怖い顔に見えるんです。お地蔵様は守り神様だから優しいお顔に見えるんですよ。」と聞いたことがあります。

でも私がこのお寺で会いたかった伎藝天さまはとても優しいお顔をされていました。
tabiの安全を守ってくれる、そう思えて何だか不思議で気持ちがスーッとしたのです。
また奈良にtabiしたときは会いに来たい場所です。

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-27 09:50 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #8 *秋篠の森* 食の円居 なず菜 (朝食編)
b0224924_1027212.jpg





ふかふかのお布団に選べる2種類の枕、そして気持ちのいいパジャマで雨音をBGMにゆっくり眠ることができました!
目覚まし時計なしで、ぱっと目が覚めたのは6時過ぎ。
そして朝食は8時30分からだったので少しぶらぶらお庭をお散歩。
『食の円居 なず菜』の前を通ると、女性の方がテーブルの真ん中でお花を生けていました。
今考えるとあの女性はオーナーの石村由起子さんだったような気がします。
軽くにこやかに会釈をされて、こちらも気持ちいい朝のはじまりです。

新緑は昨夜の雨でさらに濃くなっていました。
鳥のさえずり、雑音はほとんどせずに森の中そのものです。

朝食も昨夜と同じ『時の円居 なず菜』です。
昨夜のキャンドルの雰囲気とはまた違って、窓辺からおひさまと緑が目に飛び込んできます。
お店の方に「よくお休みになられましたか?」のひとこと。
これもまた心遣いです。

爽やかな雰囲気の中で朝食をいただきました。

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-21 08:04 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #7 *秋篠の森* 食の円居 なず菜 (夕食編)
b0224924_19194446.jpg






食事はHôtelのお隣『食の円居 なず菜』です。
和の食材や大和のお野菜を中心に秋篠の森オリジナルの創作料理デス♪

この日は平日だったからか、宿泊の2組と4名の1組だけの静かな雰囲気の中でいただきました。
ほとんど待つ時間はなく1品~2品くらい運んでくれるのでとてもいいペースでいただくことができました。
はじめに私はビール旦那sanは地元の日本酒で乾杯!!!
グラスや食器も作家さんものと思われるもので、同じお料理でも2人違うお皿で出してくれたりする心遣い。
器もたっぷり楽しむことができました。

ではでは5月の食事を紹介します♪
お食事のお品書きが手書きのコピーなのですがとても美しい字でうっとりしてしまいました。
STAFFさんが書かれているそうです。羨ましいくらい素敵な字でした。
それから、食べられないものは、予約時に聞いていただけるので安心していただけます。




b0224924_1928863.jpg












筍の葛豆腐 木の芽味噌がけ

山菜の蒸し寿司

炙り蛸と半白胡瓜の土佐酢ジュレ

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-20 10:45 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #6 *秋篠の森* Hôtel ノワ・ラスール
b0224924_100543.jpg





いよいよチェックインです。
『Hôtel ノワ・ラスール』です。
二部屋だけの小さなゲストハウスです。
なかなか予約が取れないというお話は聞いていたのですがその通りでした。
FAXでの予約のみで、その後ホテルからTELがあります。
案の定、希望日はNG。
逆に5月で空いている日をお伺いすると2日だけ。
ウェディングも月2回予定しているそうで、その場合は前日から準備のため臨時休業になります。
と言うわけでホテルの空いている日に合わせてtabiの計画をすることになりました。
そして必然的にroom2のお部屋になったのです^^;
そしていよいよホテルの中へ。
fog』のスリッパを履いて中に入ります。
外履き用は可愛い白の『BIRKENSTOCK』のサボ。おしゃれ~。

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-19 10:42 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #5 *秋篠の森* ざっか月草&お庭
b0224924_950120.jpg










今日の宿泊先は『秋篠の森』です。
周りが住宅街とは思えないほど一歩入ると別世界、森の中です。

この『秋篠の森』は
* ざっか月草
* 食の円居 なず菜
* Hôtel ノワ・ラスール
の3つの店舗、お宿があります。

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-18 10:09 | 奈良のtabi*
奈良のtabi* #4 *平城京跡*
b0224924_984982.jpg

くるみの木を後にして『平城京跡』に向かいました。
平城京跡資料館の方に車を止めて平城京跡内へと向かったのですが、通ってきた道は田畑あり古墳あり。奈良の街は穏やかな時間と共に流れている気がしました。
時間も時間だったので駐車場からいちばん近い「佐伯門」から入りました。
広大な敷地は芝と砂利できれいに整備されていて、観光客は平日のためかまばら。
ジョギングをする人、犬を散歩させる人。
時が止まったようなとても気持ちが良くて落ち着く空間です。
写真は「大極殿」(第一大極殿)です。
宮殿の中でも最も重要な建物です。
奈良時代、平城京が都に移された710年から784年までの75年間をいいます。
この場所は奈良時代の首都を意味し、現代の皇居と霞が関の官庁街の機能を併せ持った場所だったそうです。
「大極殿」は無料で入ることができます。
フラッシュなしで写真撮影も可能です。
そしてこの建物は平城遷都1300年の昨年平成22年10月に完成した建物です。
復原に際しては発掘調査のデータや現在残っている奈良時代の建物などを参考に多くの専門家が研究して復原されたそうです。

まだまだ続きます♪ ↓↓↓

More
[PR]
by berryberrybagel | 2011-05-17 09:33 | 奈良のtabi*